円高と円安、どちらで外貨を買うのが得か

FXや外貨貯金をするにあたって、
「円高の時か円安のとき、どちらの時に円を外貨に変えるのがお得か」
というのがパッとわかりますか?
外貨を利用して資産運用をしたいと思っている人は、
きちんと円高・円安を理解していなくてはいけません。
上の質問がわからなかった人向けに、円高と円安を簡単に説明してみました。

お金

まず「1ドル=100円が1ドル=90円に変わりました」というニュースが流れたら、
これは円高・円安どちらなのでしょうか。
一見、円の値段が下がったので「円安では?」と思った人は要注意です。
こういう人は、段階を踏んで考えましょう。

・今まで1ドルという商品を買うのに、100円必要だった
・今日から、その商品を買うのに90円だけ払えばよくなった
・つまり、円の価値が上がったので少ない金額で買えるようになった
・円の価値が高い=円高ということです。

では初めの質問「円高の時か円安のとき、
どちらの時に円を外貨に変えるのがお得か」ですが、答えは円高の時、ですね。
円高の時であれば、同じ資本をより多くの外貨に変えられます。