グルコサミンの効果について

グルコサミンの主な効果は皮膚、軟骨の生成を促すということです。


軟骨というのがクセモノなんですが、体内のグルコサミンが減ってくると
当然、軟骨も生成されにくくなりまして、これが関節痛などにつながってきます。


グルコサミン自体は糖の一種です。正確に説明しようとすると
非常に難解になりますが、人間の皮膚や、軟骨に存在します。
また、グルコサミン自体の生成も行いますので、
若いうちはグルコサミンが減ってしまう心配はあまりないのですが、
年をとると、グルコサミンの生成量が少なくなってしまって、
結果、ひざの軟骨がすり減ったり、変形したりすることで
関節が痛くなるというわけです。


ちなみにグルコサミンの生成量は基本的には加齢とともに落ちてくるのは
間違いないのですが、運動不足などの原因もあるようなので、
若い人にも無関係な話ではありません。


軟骨が間接のクッションになっていることは、なんとなく想像できます。
手羽先とか食べるとわかりますよね、軟骨。
でもその軟骨の生成にグルコサミンが必要であることがわかると
グルコサミンて大切なんだなぁと実感します。


最近グルコサミンを摂取するためのサプリメントが流行っているのも
管理人のように感じでいる人が相当いらっしゃるということでしょう。