円高・円安の関係

円高・円安という言葉をニュースでよく耳にしますが、
この円高と円安の関係とはどんなものかご存知でしょうか?


一般的に考えれば円高は海外のものが安く買えるように思えますし、
円安になれば海外へ国産品を輸出する時に安く輸出できるので競争力も高まる、
そんな認識でしょうか。


円安の場合はその逆です。日本は輸出国ですので、
輸出をする際に国際的競争力低下するのはあまり好ましくない
という考え方になるのでしょうね。


自国の通貨の価値が上がることに懸念を抱えるのは日本だけなのかもしれません。
輸出に頼りすぎて形成された産業が中心のため、
輸出において思うように海外で物が消費されなければ
日本としては輸出品の生産低下が、部品などを作っている中・小企業への
ダメージを与えてしまい、中・小企業の倒産、または人員削減によるリストラ・・・
そういった流れが出来てしまっているからでしょう。


そうはいって悲観的になる必要もなく、
もう少し長い目でみていけば海外から食糧品やエネルギー資源を
安価に仕入れることが出来ますし、
海外投資においてもこの円高は有利に働くとも言われています。
現状を如何に耐えることが出来るかがカギになってきそうですね。