高く売って安く買う!?

FXは気軽に始められる投資として注目されています。
ひところに比べると熱は冷めたようにも思いますが、
やってみたいと思っているFX初心者の方はまだまだたくさんいるようです。


さて、FXについていろいろ調べていると、
『高く売って安く買う』というようなキーワードを目にします。


株であれば、売買の差額で儲けるのであれば、安く買って高く売ることになります。
もちろんFXでも安く買って高く売っても利益にはなりますが、
売ってから買うことで儲けることができるというのは、
すぐには理解できないかもしれません。


分かり易いように単純なレートを設定するとして、
例えば、1ドル100円で100万円分のドル(1万ドル)を買ったとします。
円安が進んで、1ドル110円となった時点で、1万ドルを売ってしまえば、
日本円で110万円となり、差額の10万円が儲けとなります。


これが基本の『安く買って高く売る』場合です。


それで、もう一つの『高く売って安く買う』ことについて説明します。
カラクリはFX業者からお金を借りるということなんですが、
例えば、1ドル110円のレート時に1万ドルをFX業者から借ります。
その1万ドルを売ってしまって日本円の110万円に換え(売り)ます。
円高が進んで、1ドル100円になった時点で、
110万円のうち、100万円を使って、1万ドル買い戻します。
買い戻した1万ドルはFX業者に返し、手元に10万円残るという仕組みです。


これを『売りから入る』といいます。