為替について

為替とは今であれば通貨のやり取り、
外貨など異なる通貨を交換する取引の意味でとらえられることが多いが、
本来の意味としては何かを「交換する」「取り交わす」といったものです。

ビジネス用語でとらえると、
「直接的な現金の移動ではなく、帳簿上における債権債務上の決済を行う」ことです。

為替に関係していることでいえば、
郵便為替・為替手形(小切手)・現金振り込み等が挙げられます。
我々の生活の中において、日常的に行われているもの、利用されているものです。

これらを見てもわかるように、直接、金銭のやり取りをしない、
これは即ち、直接金銭的やり取りを行うことのリスクを回避するために行われているということです。

直接金銭を輸送する(現金輸送)ということは非常に高いリスクを伴います。
それは今も昔も変わりません。

日本において言えばこの為替という考え方が利用され始めたのは江戸時代。
これが現代に至るまで利用されています。

そしてこの方法は、輸送におけるリスクヘッジとしてサービス化し、
金融サービスの一つとして認識されるようになったというわけですね。