債務整理の種類

債務整理とは、今ある借金を整理して返済しやすくするという
救済措置のことですが、この債務整理にはいくつか種類があります。

○任意整理
債務者と債権者が直接やり取りして、債務の額を調整して和解すること。
債務の額の調整=借金の軽減ということですが、
借金を少なくする代わりに確実に返済すると約束するという取引です。
しかし、裁判所を通さないので債権者が
債務者の要求を跳ね除ける場合もあります。
そのような事態を招かないよう、
多少の手間賃がかかっても債務整理のプロである
弁護士や司法書士に任意整理の処理全般を任せるのをオススメします。

○特定調停
裁判所を通して、債務の額の調整や
支払い方法などの話し合いをする債務整理の方法です。
任意整理を裁判所を通じてする、という感じです。
法律のグレーゾーンの金利を設定している債権者に対して、
利息制限法に基づいて借金の額を減らす要求を出せます。

○自己破産
債務者の財産を(ほぼ)全て放棄することを条件に、
債務の返済義務を放棄する債務整理方法です。
放棄された財産は金銭に変え、
債権者に渡されます(債権者が複数に渡る場合は平等に分配されます)。


債務整理のメリットとは

債務整理とは破産に代表される負債の清算処理といってもよいでしょう。
債務整理のメリットは借金からの開放、
もしくは、借金の減額により支払いが楽になり、
きちんと返済が可能になるといったところでしょう。

破産などを考えるまでに至った場合のほとんどが
多重債務者であるケースが多いようです。
借金の取立てに追われ、
督促状などにも怯えながらの生活は想像を絶するものです。

冷静な判断も出来ず、ただ単に逃げる日々を送る・・・
そんな場合もあるのも事実です。

このような生活から抜け出すためのきかっけが債務整理です。
確かにデメリットもあります。
しかし借金に追われる生活と比べると、
人生をやり直す機会にも繋がるのが債務整理です。

もし借金に追われているような方が近くにいらすようで
あれば、一つの方法として・・・
債務整理があることを教えてあげてください。
大きな救いの手になる可能性があるかもしれません。